CDレビュー

Kalman Filter – Exo-Oceans(2018)

Kalman Filter は、The Tangent の Andy Tillison によるソロプロジェクト。ごく少数のゲストは参加しているが、ほぼ全ての楽器を Andy が演奏している。と言っても大半の音はソフトウェアシンセと...
CDレビュー

Jeff Berlin – Ace Of Bass(2005)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ第7弾。もうあと3作程で終わるから頑張ろう。アルバム名の Ace Of Bass は日本盤だけで、日本以外では Aneurythms という名前で出しているらしい。これが例によって日本人には...
CDレビュー

Jeff Berlin – Lumpy Jazz(2004)

ちょっと間が空いたけど Jeff Berlin 温故知新シリーズ、ソロ第6作目。前作 In Harmony's Way(2001) は王道の Jazz アルバムだったが、本作もほぼ同じ方向性を推し進めた・・・というか同じところ...
Motorcycle

ドライブレコーダー(VSYSTO P6F)取付

久々にバイクネタを投稿。以前から「やろう、そのうちに・・・」と考えているばかりで着手していなかったドライブレコーダーの取り付けをついに実行。購入した商品は、VSYSTO社のP6Fというモデル。いわゆる中華ドラレコ。自分の周りで...
CDレビュー

Jeff Berlin – In Harmony’s Way(2001)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ、ソロ第5作目。プログレ、フュージョン界でキャリアを積み、名人と呼ばれるようになった後、前作 Taking Notes(1997) で Jazz に回帰しかけたものの、生来のお茶目さんな...
CDレビュー

Richie Beirach – Continuum(1983)

ちょいといつもの路線から外れて、ジャズ・ピアノのソロアルバムを紹介。Richie Beirach のピアノソロ作品は、本作で4作目とのこと。大学生の頃、John Scofield の諸作を追っかけているうちに Richie B...
CDレビュー

Richie Kotzen – The Inner Galactic Fusion Experience(1995)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ外伝(?)、ギタリスト Richie Kotzen のソロ作のご紹介。お仕事として呼ばれた Jeff Berlin の活躍(?)に焦点をあててレビューしてみる。まず最初に一言注意しておく...
CDレビュー

Jeff Berlin – Taking Notes(1997)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ第3弾。ソロ第3作目。ソロ第2作目の Pump It! (1986) から10年ちょい経過しているが、その間 Jeff は何をしていたかと言うと、Players Live リリース、渡辺...
CDレビュー

Jeff Berlin – Pump It! (1986)

Jeff Berlin のレビューを続ける。この後リリースの時間軸通りに進めるかどうかは未定。今回はソロ2作目の Pump It! を取り上げるのだが、リリース当時、僕は下手くそな Fusion バンド(もちろんアマチュア)の...
CDレビュー

Kalman Filter – Exo-Oceans(2018)

Kalman Filter は、The Tangent の Andy Tillison によるソロプロジェクト。ごく少数のゲストは参加しているが、ほぼ全ての楽器を Andy が演奏している。と言っても大半の音はソフトウェアシンセと...
CDレビュー

Jeff Berlin – Ace Of Bass(2005)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ第7弾。もうあと3作程で終わるから頑張ろう。アルバム名の Ace Of Bass は日本盤だけで、日本以外では Aneurythms という名前で出しているらしい。これが例によって日本人には...
CDレビュー

Jeff Berlin – Lumpy Jazz(2004)

ちょっと間が空いたけど Jeff Berlin 温故知新シリーズ、ソロ第6作目。前作 In Harmony's Way(2001) は王道の Jazz アルバムだったが、本作もほぼ同じ方向性を推し進めた・・・というか同じところ...
CDレビュー

Jeff Berlin – In Harmony’s Way(2001)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ、ソロ第5作目。プログレ、フュージョン界でキャリアを積み、名人と呼ばれるようになった後、前作 Taking Notes(1997) で Jazz に回帰しかけたものの、生来のお茶目さんな...
CDレビュー

Richie Beirach – Continuum(1983)

ちょいといつもの路線から外れて、ジャズ・ピアノのソロアルバムを紹介。Richie Beirach のピアノソロ作品は、本作で4作目とのこと。大学生の頃、John Scofield の諸作を追っかけているうちに Richie B...
CDレビュー

Richie Kotzen – The Inner Galactic Fusion Experience(1995)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ外伝(?)、ギタリスト Richie Kotzen のソロ作のご紹介。お仕事として呼ばれた Jeff Berlin の活躍(?)に焦点をあててレビューしてみる。まず最初に一言注意しておく...
CDレビュー

Jeff Berlin – Taking Notes(1997)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ第3弾。ソロ第3作目。ソロ第2作目の Pump It! (1986) から10年ちょい経過しているが、その間 Jeff は何をしていたかと言うと、Players Live リリース、渡辺...
CDレビュー

Jeff Berlin – Pump It! (1986)

Jeff Berlin のレビューを続ける。この後リリースの時間軸通りに進めるかどうかは未定。今回はソロ2作目の Pump It! を取り上げるのだが、リリース当時、僕は下手くそな Fusion バンド(もちろんアマチュア)の...
CDレビュー

Jeff Berlin & Vox Humana – Champion(1985)

先日 Boston T Party のレビューを書いた後、色々と思うところがあって、Jeff Berlin の諸作(ソロもゲスト参加も含めて)を時間軸を遡って聴き返していた。なぜかこれまでに彼のソロ作を全くレビューしていないこ...
Motorcycle

ドライブレコーダー(VSYSTO P6F)取付

久々にバイクネタを投稿。以前から「やろう、そのうちに・・・」と考えているばかりで着手していなかったドライブレコーダーの取り付けをついに実行。購入した商品は、VSYSTO社のP6Fというモデル。いわゆる中華ドラレコ。自分の周りで...
Motorcycle

BMW Motorrad R1200R(2016年製造) のユーザー車検

愛車R1200Rのユーザー車検を受けてきたのでその記録。BMW Motorrad に乗る人って、後述の理由等あってディーラーで車検を受ける人が多いんだろうね。検索してもユーザー車検関係の情報がとても少ない。中でも不人気車(泣)のR...
Motorcycle

OPPO(ColorOS)のBT音楽再生問題

僕がこの記事執筆時点に使っているスマホは、OPPO Reno A という機種。有機EL、高性能カメラ、防水、NFCと、機能面では全く文句無しに素晴らしいのだが、Android OS 上に OPPO があれこれ(余計な)手を加え...
Motorcycle

中華スマホホルダー for BMW Motorrad 純正ナビホルダー

BMW Motorrad の多くのバイクには、BMW純正のナビゲータを搭載するためのナビホルダーが最初から付いてくる。こういうやつね。 でも純正ナビゲータは別売で、結構なお値段がするうえに、ナビとしての機能も正直微妙な感...
Motorcycle

無線機の搭載とPTT作成

アマチュア無線の話。若い頃は結構真剣にやっていた(2級ですが)のだけど、その後長いこと遠ざかっていた。ところが最近、バイクのツーリングで無線機を搭載している人が多く、聞けばインカムは面倒くさい、無線の方がすぐ繋がるし遠くまで飛ぶと言う。ま...
Motorcycle

パニアケースの同色化塗装

購入時にパニアケースが付いてきたのはラッキーだったのだけど、塗装色がグラナイトグレーとかいう奴で、紅白でおめでたい感じのボディーとの相性が今ひとつ。ならば塗ってやろうかと検討。下記は購入時の状態。 (実車の写真) 根が凝り性な...
Motorcycle

愛車紹介 BMW Motorrad R1200R(2016)

2019年5月、大型自動二輪の卒業検定に合格した翌日にディーラーに駆けつけて契約した愛車、BMW Motorrad R1200R のご紹介。購入時点で20,000km弱走行していた中古車だが、程度は良好。前のオーナーさんが高価なオ...
タイトルとURLをコピーしました