CDレビュー

CDレビュー

CDレビュー

Big Big Train – Common Ground(2021)

2ヶ月ぶりのCDレビューとなる。もともとそれほど高頻度に書いてきたBlogでは無いのだが、なぜこれほど放置してしまったのかというと、遅まきながら David Longdon の訃報を知って、その衝撃がある程度収まるまで何も書けなく...
CDレビュー

The Flower Kings – By Royal Decree(2022)

前作 Islands(2020) から2年、The Flower Kings(TFK) の新盤がリリースされたのでレビューする。メンバーは前作と同じ Roine Stolt(g) / Hasse Froberg(vo) / Z...
CDレビュー

Brand X – Product(1979)

John Goodsall の訃報に接してから、ゆるゆると英国の Jazz Rock グループ Brand X の諸作をレビューしているが、今回はスタジオ4作目 Product を取り上げる。本作後の Do They Hurt...
CDレビュー

Brand X – Masques(1978)

John Goodsall の訃報に遅ればせながら接し、Brand X の全アルバムレビューをしようかと思ったのだけれども、なかなか筆が進まない。スタジオ3作目、Live版(Livestock)を含めればアルバム4作目となる ...
CDレビュー

Yes – The Quest(2021)

ご長寿プログレ(なのか?)バンド Yes の7年ぶりのスタジオ新作を新年早々に入手したのでレビュー。Chris Squire がこの世を去り、気ままな天使 Jon Anderson は ARW で別バージョンの Yes を営業...
CDレビュー

The Eivind Aarset 4-tet – Phantasmagoria [or] a Different Kind of Journey(2021)

Norway の Jazz ギタリスト Eivind Aarset の出来たてほやほやの新作が今日届いたので取り上げる。この人は Nils Petter Molvær(NPM) のソロ諸作への参加で有名。2018年のNPMの来...
CDレビュー

Brand X – Moroccan Roll(1977)

最近は音楽関係のネットニュースもあまり読まずに隠者のような暮らしをしていたので、John Goodsall が11月11日に亡くなっていたことを何と今日(12月21日)まで知らなかった。68歳か、まだまだ若いのになあ。John...
CDレビュー

Bruford – Gradually Going Tornado(1980)

大好きな作品をレビューし忘れていたのを、Jeff Berlin 温故知新の流れで思い出したのでレビューしようぞ。 英国プログレ/カンタベリーミュージック界のど真ん中を歩む Bill Bruford が立ち上げた自身のバンド ...
CDレビュー

Jeff Berlin – Low Standards(2013)

Jeff Berlin 温故知新シリーズ第9弾。 現時点ではこれがソロ最新版なので、温故知新シリーズはこれでやっと終了できる予定。それにしてもこの8年ほど、Jeff は何をしているのだろうか。手に怪我をしたらしいし、その回復後はネ...
タイトルとURLをコピーしました