Allan Holdsworth

CDレビュー

Bruford – Feels Good To Me(1978)

先に One of a Kind(1979) の方を以前レビューしてしまったが、その前年にソロ名義でリリースされたのが本作。次作とほぼ同じメンバーだが紹介しよう。Bill Bruford(ds, perc) / Jeff Berl...
CDレビュー

Chad Wackerman – Forty Reasons(1991)

何を今更な気もするが、Chad Wackerman のソロ初作だ。レーベルは今は亡きCMP、JazzとRockの狭間の変な人達を中心に出していた変り種レーベル。Chad は、Frank Zappa バンドのdsを Terry Bo...
CDレビュー

Allan Holdsworth – Metal Fatigue(1985)

先生のリーダー作3枚目(The Things You See も数えれば4枚目か)、思わせぶりなタイトルだ。直訳すれば金属疲労なので、自らの境遇を嘆いて皮肉を利かせたと考えられなくもないが、Tr.1(アルバムタイトル曲)の曲調から...
CDレビュー

Allan Holdsworth – Road Games(1983)

前作 I.O.U.(1982) で一部マニアには知られるところになったものの、まだまだ「知る人ぞ知る」存在だった先生が、そこらの普通のロック少年達に広く知られるきっかけとなった作品。 先生を心から敬愛していた Edward Van...
CDレビュー

Bruford – One of a Kind(1979)

Yes、King Crimson、Gong、National Health、UK と、Prog Rock 及び Canterbury Music の王道ど真ん中を歩んできた最重要人物の一人 Bill Bruford。本アルバムは、...
CDレビュー

Allan Holdsworth – I.O.U.(1982)

Allan Holdsworth 先生が、様々なバンドを渡り歩いた末に漸く出すことができた、ソロ作の第二弾。因みに第一弾の Velvet Darkness は、先生に取っては納得しがたい出来だったようでしばらく販売されずにいたから...
タイトルとURLをコピーしました