The Prog Collective – The Prog Collective(2012)

一時期、Yes にプレーヤー兼プロデューサーとして参加していた Billy Sherwood が、プログレ界のビッグネームを集めて作った豪華なアルバム。曲毎に Billy 以外のプレーヤーが総入れ替えになるので、それぞれの個性を楽しめる。とは言え、全体を通して漂う暖かくポジティブな曲調は、主にプロデューサー及びコンポーザーとして本作に取り組んだ Billy の個性だろう。

Tr.1 The Laws of Nature
冒頭から、今は亡き大英帝国の偉大な歌声 John Wetton である。b 及び Stick を Tonny Levin、そして Jerry Goodman の violin だ。ds / g / kbd は Billy が担当していると思われる。
この曲の聴きどころは、Jerry の violin プレイだろう。存在感溢れる躍動的な演奏だ。
Tony は、いつもの如く、余計なことはせずどっしりと支えるプレイ。

Tr.3 The Technical Divide
今は亡き Chris Squire(b) の参加が目玉。リッケンバッカーがズンズン唸るよ。
他のゲストは、Alan Parsons(vo)、David Sancious(kbd)、Gary Green(g) といった感じだが、正直なところ Chris の音に耳が全部持ってかれて、他が耳に入ってこない。

Tr.4 Social Circles
プログレ界の元祖歌姫、Renaissance の Annie Haslam が参加。g は Yes の初代メンバーである Peter Banks だ。ドリーミーでゆったりした曲調に、Annie の声が良くマッチしている。

Tr.5 Buried Beneath
Steve Hillage(g) と Larry Fast(kbd) が参加。
ちょっと TFK のような夢想的な曲に、Steve のUFOを呼ぶスペーシーな g がピッタリだ。

Tr.7 Check Point Karma
Rick Wakeman(kbd) 登場。1:06 からシンセソロ。もう、誰が聴いてもすぐわかる Rick の音、フレーズだ。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました